事業案内

技術と品質
品質イメージ
当社がジャスト・イン・タイム方式を導入し、加工機器の内製化を進めた背景には、コスト抑制の目的のほか「モノづくりへのこだわり」があります。精密治工具の一つひとつをオリジナルで揃え、CAD/CAMシステムを駆使して専用加工機器や金型を製作。極限まで精度を高めるためには、あらゆる努力を惜しみません。
設備についても自動装置、ロボットなど、最新鋭の機器を導入。多品種少量、変種変数など、お客様のニーズにきめ細かく対応できるフレキシブルな体制を整えています。

 

設備

工場内
■立形マシニングセンター MCV800 大阪機工 1
■横形マシニングセンター MCH800U 大阪機工 1
■倣いフライス盤 MHA800 NC/TC 大阪機工 1
■フライス盤 RRM-3V 大阪機工 1
■平面研削盤 PSG125B 岡本工作機械 1
■平面研削盤 O&A-5020 OKAMOTO&AMADA 1
■ワイヤ放電加工機 BA24 三菱電機 1
■ラジアルボール盤 DRB17 大阪機工 1
■ボール盤 YD2-55 吉田鉄工所 2
■ボール盤 SDR-410 KITAGAWA 1
■コンターマシン VAC500 アマダ 1
■旋盤 TE-60-12 瀧澤鉄工所 1
■ダイスポッティングプレス 10t 小島鉄工所 1
■トライ用C型プレス 150t 小松製作所 1
■3次元測定器ベクトロン VMC5546/PLS 東京貿易テクノシステム 1
■3DCAD CADmeister 日本ユニシス・エクセリューションズ 3
■3DCAD CATIA V5 ダッソー・システムズ 2
■2DCAD Auto CAD Autodesk 2
■成形シュミレーション P-form ASTOM R&D 1

Copyright(c) 2008 Enoki Corp. All Rights Reserved.